警戒船の警戒員として初乗船

受講証明書を会社に送ってしばらくしてから連絡が来た。

朝7時に出向します。時間に遅れないように港に来て下さい。
特段持ち物などは明記されていなかった。

 

 

船には過去数回乗船した経験があるので、とりあえず初日に用意したものは
1.リュックサック 2.ハンカチとちり紙 3.飲物500CCのペットボトル2本
4.ゴム手袋 5.運動靴 6.ジャンパー 7.スニーカー 8.作業ズボン
9.携帯バッテリー 10.食料(おにぎり、パン)

集合場所に15分前に到着。この船長さんと一緒に乗船してねと
あとは船長が指示してくれるのでとの事。

挨拶もままならない間、船長から出航するので準備をとの事 何をどうしてよいのかまったくわからず。 ゲキが飛んで来た。

船に乗船したら、1.ライフジャケットを着用 2.ヘルメットの着用 はすぐに。
警戒員は出航前ロープの状態を確認するとの事。船長から指示。

ロープを離して定刻7時に出航。

ずぶの素人用に気遣ってくれたのか、初乗船したのは、いわゆる4人乗りのモーターボート。 乗員は船長と警戒員の私の2名。

警戒員の仕事の説明を船長から次のように受ける。
手旗信号、赤色、黄色、白色を渡される。

講習会で習ったとうりでいいよとの事? 恥ずかしい話覚えていない・・・
船が見えたら(距離は500m先から300m)に見えたら誘導をするとの事。

自動車の交通整理と違って、船の場合ブレーキがないので、すぐに停船できないので気よ付けてねとの事。そうだ船にはブレーキはなかったんだ・・・

皆さん知ってましたか? 船にはブレーキがないので、止まる場合は減速してから
後進(バック)にして逆噴射のような感じで停船するんです。

見通しの良い場所に停船してから、錨を海に入れて、警戒旗と吹き流しを揚げて
お仕事開始。 通常船長の仕事は操船と船の安全航行と管理のみ。
残りの仕事は、警戒員さんのお仕事になるようです。

現場に寄って大きく異なりますが、私が経験した数か所の現場では
船舶の往来が日中多い箇所で40隻。少ない箇所では6隻と結構幅があるんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です