2台目は、シグナス125X 中国台湾仕様

ヤマハ シグナス125X は、アドレスV100と比べてエンジン音が静かで
馬力もありましたが、足つきが私にはちょっとキツイ感じでした。
通勤で使うには充分。

ルックスもアドレスV100と比べると厳つい感じで、若い方向けの
デザイン。

交差点でのシグナルダシュも悪くない!  ぶっちぎり

インターネットでパーツを調べたところ、日本仕様と異なるようで
社外パーツは当時かなり限定されていたのでそのままノーマルで乗っていた。

なんと購入してから、3ヵ月も満たない頃、3.11の直後の計画停電時の夜に
職場からバイクが無くなっていた? おや? 今日も乗ってきたはずなのに・・・

駅前交番に被害届を出しに行った。出できたら連絡しますとの事。
さて、バイクが無傷で出てくる保証はないが連絡あるまで待つしかない。

ニュースでは自転車が売れていると聞いて、もたもたしていると
なくなると思い次の日商店街の自転車屋に行ってリサイクル自転車を購入。

バイクが出てくるまで自転車通勤開始。

はじめの2~3日は、ところどころ休みながら片道約55分。
一週間も過ぎたあたりには、片道45分ぐらいで通えた。

今でも覚えていますが、1ヵ月を過ぎたあたりに、家内に少しマッチョになったかなとカラダを見せた記憶がある。胸のあたりが変わったのを家内も分かったようだ。

ある日警察から電話があり駅前交番に取りに来てくださいとの事。

わくわくしながら見に行くと、無残に変わり果てたシグナスがあった。
このままでは乗れない。しかたなく事務所まで押して行った。

これは修理というより廃車レベル。早速なじみのバイク屋さんに連絡するが
手頃の在庫がなかった。

この先暑くなるので自転車ではむずかし。やはりバイクを。
実は次のバイクはヤマハ マジャシティー125と思い、インターネットで探しても程度の良いものは予算オーバー。

そこで見つけたのが、台湾製のSYM RV125というバイク。
なんでもマジェシティーを意識して作った大型タイプの原付二種

埼玉県のとある郊外のお店に連絡して早速見に行った。予算的には充分
万が一故障した時の部品も高くなさそうだったので購入した。

この先SYM RVシリーズを3台続けるとは思っても見なかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です