6台目は、SYM RV125 EFI

このバイクが一番のお気に入り!
125CCのスクーターに見えますか? ぱっと見ビックスクーターですよね!

これなら駅前にある駐輪場も入れてくれる。
原付としては異様に大きいのでイヤな顔をされることがしばしば。

駐輪場で困ったことは、雨の日に室内ではなく屋外に案内される事が悩みの種でした。理由は簡単。大きすぎるので!

ルックスも良く、ちょい悪オヤジの雰囲気充分。
ハンドル周りが、既に改造されていたので大満足。
今までヤフオクで購入した社外パーツもそのまま流用。
ブレーキレバーも台湾の社外品パーツ。
ブレーキホースなどの細かいところも変えました。

ヤフオクで買った、台湾仕様のスイッチに変更して、
ライトのオン・オフ切り替えもあとから付けてました。
このバイクのいいところはいっぱいありましたが、ハザードスイッチも有り
とても125CCとは思えませんでした。

上品に仕上げてみました。

今までタブーとしていた、マフラー交換もついに行ってしまいました。
バッフルを装着しているので、30kmぐらいまでは静かです。50km~はいい音出してました。

バッフルの脱着は簡単にできますが、低速時にはエンジンが落ち着かないので
お勧めしません。一時期バッフルを外して走行しておりましたが、白バイに止められた事はありませんでしたけど、ちょっとうるさいです。

やはりEFIでも真冬は、エンスト気味は変わらなかった。

勤め先の駐車スペースの変更に伴い、このバイクでは新しい駐車スペースには入らない。 RV125EFIは、リアキャリアも装着していたため全長は2m以上。

新しい駐車スペースはビルの裏側で、自転車置き場。バイク用には設計されておらず、入ったら最後駐輪スペースで回転できない。

50ccのバイクなら、駐輪場でバイクの前輪を持ち上げて回転できそうだ。
せっかくここまでカスタムしたバイクを手放し小さいバイクに入れ替えを検討。

荒川区のバイク屋さんに相談に行ったところ、小さいバイクで今あるのはと
紹介されたのが、スズキ アドレスV125G これなら50ccと大きさと重さが
変わらない。

人気のアドレスなのでちょぴり高め。しかたない購入を決める。
SYM RV125EFIは、約2年半~乗った。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です